子供の頃の経験って計り知れない影響があるんですね。

そんなこと考えたことありますか?

ここまで地球が小さくなって、海外へ仕事や留学で行く人間が多くなった現実から考えると、海外で暮らす日本の子供達は無数に存在するのではと考えてしまいます。

実は私もその一人なのですが、、、何か日本に馴染めない部分を持って大きくなりました。

海外で幼少を過ごすと、当然考え方や言語の面で、日本で育った子供達とはどこか違った感じで成長します。

外見は日本人でも考え方はどこか外人風、、というのが私に貼られたレッテルのようなものでした。

日本に帰ってきてからも、大きくなったら海外に行くんだという気持ちをなぜかいつも持ち合わせていたのを思い出します。

何かこういう感覚を持った日本人が無数に存在すると考えると、地球という惑星の未来も何となく見えてくる感じがしますね。

世界はどんどん小さくなっていくんです。これは必然的な結果なのでしょう。

何年もかかって地球の反対側に行っていた時代は過去のものです。

今はスマホ一つあれば世界のどこにでも行けるでしょう。すごいですね。素晴らしい世界になったものですね。

スマホ一つで世界一周なんて、、、。

実は私は先日それをしてきたんです。

どこにいてもスマホで自分の現在位置がわかるなんて、何て世に中になったんでしょうね。

あと20年も経ったらこの世どうなっているんでしょうか?

考えたことないですか?

 Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です